外部記憶

最近物忘れが激しくて・・・。PC、Web関係、読んだ本、その他モロモロのメモ代わり。

ロイターの API を使った Firefox 拡張機能 “Gnosis”

| 2件のコメント

イギリスの通信社ロイターがやっている Calais というサービスから、「いろいろ新しいサービス始めたよ」というお知らせ(*1)をもらいました。で、サイトを覗いてみたら、 Gallery の中にで提供されている “Gnosis” という Firefox の拡張機能があったので試してみました(*2)。

Calaisは、もともとセマンティック・ウェブの考え方/技術をベースにしたAPIの提供ということのようだけれど(*3)、この “Gnosis” は、その API を利用して、任意のページ上でそこに書かれている人物や企業、場所、製品名などを見つけ、Google や Wikipedia(人物の場合は、Facebook や Linkedin なども)へのリンクを提供するというもの。

ReadWriteWeb の記事で試してみると、こんな感じ。

残念ながら(さすがに)日本語には対応していませんが、ニュース系の記事などを見る際にはなかなか便利かも、です。

ロイターは、昨年自社の動画をオープンな扱いにしたり、この Calais やら、ニュース配信用APIの公開やら、アグレッシブな展開を見せていて気になっていたのだけれど、先日の New York Times の API 公開といい、既存メディアが旧来型ではないサービスへ移行していこうとする動きも、既に議論の段階は終わって、どのような形で実現するかという具体的なフェイズに移ってしまっているようです(*4)。

(*1)SemTech 2008 でのプレゼン資料はこちら。
Semtech 5 Things.ppt

(*2)それにしても、”Gnosis(グノーシス)“ってネーミングもすごいな・・・。嫌いじゃないけど(というか実はこの名に惹かれた)。

(*3)こちらの記事とか。
ロイターのセマンティックタグサービスAPI Calaris

あと、Calais のコンセプトを紹介したビデオは、こちら。

(*4)NYTのAPI公開に関しては、こちらの記事経由で知った、ReadWriteWebでのコメント

“The web of the near-term future isn’t about pages any more,(中略)It’s about data, flying around, hopefully under the control of users, and offering a world of possibilities that few of us could have imagined just a few years ago.”

が、確かに印象的です。

Similar Posts: