外部記憶

最近物忘れが激しくて・・・。PC、Web関係、読んだ本、その他モロモロのメモ代わり。

Google Book Search が iPhone / Android 対応に

| 0件のコメント


先日こんなメモをかいたら、いきなり大物がドカンと来てしまったよ。
既にいくつもニュースなどで紹介されているけれど、Google Book Search が、iphone / Android に対応したとのこと。

Inside Google Book Search: 1.5 million books in your pocket

URL はこちら。PC でも見ることができます。


今回面白いのは、単にインターフェイスやデザインを対応させた、ということだけではなく、PC 版の Book Search が(人間に対しては)画像でページを見せていたのに対して、OCR で読み取ったテキスト見せている、という点。
実際に見てみると、こんな感じ。

上の Google のオフィシャルブログによると、

The technical challenges are daunting, but we’ll continue to make enhancements to our OCR and book structure extraction technologies.
With this launch, we believe that we’ve taken an important step toward more universal access to books.

とのこと。
今回の携帯対応に限りということではなく、Google Book Search 全体での話なのでしょうけれど、このあたりは興味深い話です。

基本的にはまだ英語対象とのことだけれど、日本語で見つけたものにはこんなのが。


こちらは、画像で表示されるようです(左)。
テキスト表示にすることもできるけれど(右)、さすがに日本語の OCR は、ほとんど実用的ではないですね・・・。

もっとも、ちょっとばかり見てみたところでは、検索結果には出てきても、モバイル用のプレビューが用意されていないタイトルなども結構多いようです(探し方が悪いのか?)。

まあ、対応コンテンツはこれから増えていくのでしょうけど、そうなるとこれはすごいことになるな、と(リーダーとしての携帯からの、パブリックドメインになっている図書へのフリーアクセスはもとより、オンラインでのデータ購入/リアル図書の購入というプラットフォームができてしまう。オンデマンド出版なんかも活きてくるでしょうね。もっとも、日本の場合は、まだいろいろややこしいハードルがいくつかありそうですが)。

ところで、今回の携帯対応のことは、早速 New York Times でも取り上げられていていた。

Google and Amazon to Put More Books on Cellphones – NYTimes.com

記事によると、

“We are excited to make Kindle books available on a range of mobile phones,” said Drew Herdener, a spokesman for Amazon. “We are working on that now.”

と、Amazon でも Kindle (用コンテンツを?)携帯対応とする準備が進められている様子。

(実際、一般のユーザーのレベルではどうなのか分からないけれど、断片的なニュースなどで知る限りでは)昨年後半あたりからの、英語圏(*1)での電子書籍の普及はすごい勢いで進んでいるように見える(*2)。

日本では、過去何回も「今年は電子書籍元年!」と言われながら、結局、想い果たせず、となってしまっていたように思うけれど、海の向こうでも、これまでは似たような状況だったらしい

今回こそは、「来そう!」な気がするのだが…。

(*1)アメリカ中心ではあるけれど、イギリスの Guardian にも、昨日こんな記事があった。
Victor Keegan on the quiet digital reading revolution

(*2)この辺の記事「The rise of e-books: IDPF reports November e-book sales up 108 percent-and here’s some analysis」とか。
現在、売上で電子書籍が図書全体に占める割合は約 0.5% だが、5年後の想定は6%、とのこと。

Similar Posts:


PDF