外部記憶

最近物忘れが激しくて・・・。PC、Web関係、読んだ本、その他モロモロのメモ代わり。

Google の Chrome OS を試してみた

| 0件のコメント

夏ごろから予告されていた Google の Chrome OS (のソースコード)が公開されたとのこと。

今日からソースコード公開―Google Chrome OS発表会レポート

まだベータ版以前の段階、ということではあるけれども、せっかく公開していただいたのでモノは試し、ということで・・・。
とは言っても、ソースコードからビルドとか、1台しかないマシンにいきなりなんてオッカナイことはできないので、 VMware Player で仮想マシンを作り、その上で仮想マシン用にビルドされたバイナリを、という形。
上手い具合に、

窓の杜 – 【特別企画】Googleの新OS「Chrome OS」のオープンソース版「Chromium OS」を試す

に丁寧な説明があったので、ほぼ記事のとおりの作業で動かしてみることができました。
起動の様子をキャプチャしてみるとこんな感じ。仮想マシン上なのでさすがに7秒で起動というワケにはいきませんが。

自分の環境ではインストールの際、2箇所ほど引っかかったところがあったので、以下にメモ。

  • ひとつ目は、VMware の段階。
    VMware をインストールして起動しようとした際、「VMware Authorization Service が起動していません」というエラー・メッセージが出て起動できないという現象。これは、こちらの記事(「VMware Authorization Service|虹色プログラミングライフ」)を参照させていただき、あっさり解決。
    自動で起動するように設定されていた VMware Authorization Service が、何故か起動していなかったため。手動で起動し、2回目以降は特に問題なさそう。
  • ふたつ目は、OS 起動後のログイン画面で ID、PWD を入れると何故か「Network not connected」になり先に進めない、という現象。これはしばらく原因が分からなかったのだけれど、上記「窓の杜」の記事で「ネットワークの設定を“ブリッジ接続”」とあった部分を NAT に変更することでOKに。

まあ、今のところは起動させたところでブラウザとほとんど同じなので、改めて何をするということもなし。

10年以上前、ノート PC に Linux (懐かしい Slackware。当時は設定ファイルをマニュアルでいろいろと書き換えなければならず、結構面倒だったのですよ。ドライバ類もそれほど充実していなかったし。多分カーネルが2.0になった頃か)をインストールしようと散々苦労した挙句、やっと立ち上げることができたものの、結局それだけで満足してしまったことをふと思い出したりして。

正式版のリリースは来年末とのことなので、今後急速にリファインされていくことになるのでしょうね。

追記:
仮想化に VMware ではなく、Sun のVirtualBox を使った記事は、こちら。

Chrome OSを今すぐ使って見たい人はこうする–仮想マシン上だから簡単・安全

Similar Posts:


PDF